採用サイト

目標の採用成果に対し、
的確に「機能する」ことを追求した
採用サイトの制作サービスを提供します。

ごく一部の有名企業を除き、求職者が特定の社名を検索して採用サイトに訪問することは、まずあ
り得ません。
残念ながら現在でも、求職者が募集企業の存在を認知するには、大手が運営するナビサイトや合同企業説明会などを必要とするケースが大多数だと考えています。
そして、そうしたサービスを介して目的の企業の採用サイトに訪れる求職者は、すでに自らが「知りたいこと」を持っており、採用サイト上でその欲求に応えられていなければ、機会損失に直結します。採用サイトの制作にあたり、私たちはこの点が大前提になると考えています。

この前提をふまえず、「学生ウケの良さ」という曖昧なベクトルだけで採用サイトを設計してしまうと、採用戦略上でまったく機能しない危険性が高いです。それは例えば、過度に奇をてらったデザインや無意味なギミック、美辞麗句をちりばめた採用メッセージ、建前で埋め尽くされた社員インタビューなどで構成された採用サイトです。

大切なのは、第一に、求職者がどんな導線で自社のサイトに訪れるのか、流入経緯をしっかりと設計しておくこと。
第二に、自社が目指す採用成果と現在位置のギャップを埋めるために、どのベクトルの情報提供を主軸に置くのかを定めておくことです。

例えば、一般に社名が知られていないBtoB 企業の場合、求職者が「知りたい」と思っている情報はなんなのか。
あるいは、どんな点での情報提供を深めれば、目指す採用成果にたどり着けるのか。
そうした課題設定を行った上で、適切なコンテンツ設計、情報量、情報を的確に伝えるためのデザインを行うことが、採用サイトを制作する上での鉄則です。

もちろん、トレンドを捉えたデザインやアニメーションなどのギミックを否定するわけではありません。
情報を的確に伝達するために必要であると判断できるなら、積極的にそうした手法を取り入れるべきだと、私たちも考えています。
重要なのは、採用成功というゴールにたどり着くために、必然性の高い手法は何かを分析し、選択することです。
私たちは、採用成果に対して的確に機能する採用サイトの制作サービスを提供します。

採用サイトサービスの
制作実績

サービス案内

採用活動・採用ツール制作についてお困りの方は、 お気軽にご相談ください。

名古屋オフィス

東京オフィス

電話受付時間 平日10:00~18:00