ブース装飾ツール

いつ、どんな場所で使うツールか。
場面と目的を定義し、
集客効果の最大化を目指します。

合同企業説明会における各種ブース装飾ツールの企画・制作を行っています。

制作ツールの例

  • 壁面タペストリー、壁面パネル、ポスター
  • 椅子カバー
  • テーブルクロス
  • バナースタンド
  • その他、イベントのタイプに合わせたオリジナルツール

近年、多くの企業がさまざまな形で自社のブースを装飾し、イベント会場で学生にアピールを行っています。
しかし、そうした会場で目にするものの殆どが、自社のコーポレートカラー基調にしただけのものだったり、あるいは、自社のロゴを大きく打ち出しただけのものだったりします。

果たして、そうした企業ブランドイメージのみの訴求で、会場に訪れた学生と効果的に接点をつくれるのでしょうか。
多くの企業が、社名が知れ渡った大企業では無いのが現実です。それにも関わらず、自社のロゴを全面に打ち出すことがベストなのでしょうか。

合同企業説明会における各種の装飾ツールはいわば、BtoC広告の世界における店頭POPに似ているかもしれません。
CMなどで大々的にブランド名が知れ渡った商品であれば、商品名を目立たせるだけでいいでしょう。
しかし、知られざるニッチ商品には、相応の戦い方があります。
POPの工夫しだいで、マイナー商品がメジャー商品を凌駕する、そんなケースがいくらでもあるはずです。

合同企業説明会におけるブース装飾も同じです。
いつ行われるイベントか、どんな場面で目にするものなのか、会場にはどんな志向の学生が来るのか。
そうした条件を分析しながら、その場面に最適な宣伝方法とは何かを定義し、最適化されたクリエイティブワークによって、イベントにおける集客効果の最大化を目指します。

ブース装飾ツールサービスの
制作実績

サービス案内